title

 

清友建設様(以下敬称略)が展開する「スターハウス」のチャンネルのプローモーションの展開を「チラシ」「サイン」などで行った。

 
 

清友建設「スターハウス」チラシ、サインなどのしごと

チラシの制作
PLANNING, WRITING,
PHOTOGRAPH, GRAPHIC DESIGN
相原 泰典
河野 はるな

 ILLUSTRATION
相原 泰典
芝原 里美



沢山のチラシの中で埋没しないよう、「チラシらしくないチラシ」を標榜。 PRしなければならないところを網羅した上で、「アイデアのあるチラシ」「目をひくチラシ」を展開を心がけた。 

チラシ

サイン
PLANNING, WRITING, DESIGN
相原 泰典
河野 はるな


スターハウスの特長がわかるようサインで展開(左側サイン)。
建築現場に設置して通行人に建物の構造などをライブで見ていただきなが解説する手法としてデザインをおこなった。 

サイン

イベント(Acoustic Irish live)
PLANNING
相原 泰典
宮内 美加


清友建設インター展示場内の「スターハウス」が3周年を迎えることで「見学会」を開催すると共に、お客様にアットホームなライブを提供。
「スターハウス」の広々とした気持ち良いリビングでライブを開催することにより、スターハウスの持つ雰囲気の良さと「アイリッシュハープ」や「フィドル(バイオリン)」の音が紡ぎ出すムードがミックスされ、ただ建物を見学しただけでは味わえないシチュエーションをプロデュースした。

イベント写真

トップへ
worksへ

title

 

クライアントからの命題は「“癒し”をコンセプトにしたカフェを作りたい」というシンプルなリクエストだった。

 
 

「風、さらさら」のしごと

プランニング、ネーミング、ロゴ
PLANNING,

NAME PLANNING
相原 泰典

LOGO DESIGN
石川 智子

クライアントの“癒し”というコンセプトを受け、「うららかな春」をイメージ。 それを大きな方向性とし、幹を考え枝葉に落とし込んでいった。そして案件の全体的なバランスが悪くならないよう、一本の美しく癒される樹木のようになるべく、創造力をめぐらせた。 中庭をつくり「癒しを感じさせる木」と「気持ちよく水が流れる仕掛け」を提案し、空間づくりの大きな要素のひとつとした。 ネーミングは「風、さらさら」とし、外国語に傾倒せず、日本語のやわらかい響きを残した。「風」のあとに読点をつけたのは読み手に名前のリズムを感じてもらうため。そしてネーミングに読点をつける“新しさ”を念頭に置いた。 ロゴマークは方向のランダムな線と正円で構成した。風や流水を感じさせる「線」。その風に揺れる空気や、流水から生じる飛沫をイメージさせるものとした。

プランニング、ネーミング、ロゴ

ロードサイン
PLANNING, SIGN DESIGN
相原 泰典


ランニング、ネーミング、ロゴ

サイン

 

建物サイン
PLANNING, SIGN DESIGN
相原 泰典


建物サイン

建物サイン

メニュー・ショップカード
PLANNING

COPY WRITING

GRAPHIC DESIGN
相原 泰典

メニューはポストカード程度の大きさとし、一面に関連商品写真、もう一面にメニューのラインナップを掲載。店舗では木のクリップで挟みポストカードを見ていく感覚でメニューを選べる遊び心を入れた。 あわせてポストカードタイプのショップカードも制作した。 またメニューの写真はドリンクなど商品を見せつつ店舗内外の“癒し”部分を借景し演出。 大きな方向性である「うららかな春」をイメージした。

メニュー・ショップカード

各種グラフィックツール
PLANNING, GRAPHIC DESIGN
相原 泰典


各種グラフィックツールは、すっきりとしていて、暖かみの感じられるデザインで統一した。 写真は左上から、オーダー伝票、来店者アンケート、ポイントカード、コースター、IDカード

各種グラフィックツール

Tシャツ
DESIGN
相原 泰典

ロゴを展開し、スタッフ用のTシャツを制作。数パターンのプランの中から、身頃にロゴタイプを、袖口にロゴマークをあしらったデザインが採用された。

Tシャツ

フロアマット
DESIGN
相原 泰典


Tシャツ

プロモーションの一例
(リック紙面広告)
PLANNING, COPY WRITING
GRAPHIC DESIGN
相原 泰典

Tシャツ

トップへ
worksへ

title

 

松山のカフェの新しいムーブメントを目指して、ストーリー性のあるブランディング、プロモーションを行った。

 
 

「三日月とカフェ」ブランディングのしごと

プランニング、ネーミング、
ロゴデザイン、
店舗イメージデザイン
PLANNING,

NAME PLANNING,
SHOP IMAGE DESIGN
相原 泰典

LOGO DESIGN
石川 智子

「三日月とCafe」は2001年のオープン。
当時、愛媛ではかなり斬新でセンシティブなネーミングが採用。
ロゴマークは「三日月とCafe」の「C」を南半球で見える三日月をモチーフにし、そのムードを醸成するため店内BGMをブラジルの音楽ボサノバにし、南半球のカフェにいるようなストーリー性をもたせた。メニューのアイテムにも「クレセント(三日月)」を冠したものをラインナップさせ、ムードや心地よさを重視した。

新空港通り沿いにある「三日月とCafe」は夜、車で通るとサインが建物から浮き上がったように見え、幻想的な雰囲気を醸し出す。
オープン当時数ヶ月は女性を中心にお客様が満席でも待って来店いただく光景が見られた。もちろん現在も繁盛店である。

三日月とカフェ外観

オリジナル食器

ORIGINAL TABLEWARE

食器もロゴマークを配したオリジナルなものを制作した。

オリジナル食器

 

ボサノバエピソードライブ
「イパネマの月」

PRODUCE, DIRECTION
相原 泰典、宮内美加

SCRIPT WRITING,
SOUND LOGO CREATIVE

相原 泰典

お客様の日頃のご愛顧に感謝し皆様へライブ演奏を楽しみながらカフェも楽しむ無料のイベントをご提供。愛媛では先駆的な取り組みのライブを行った。ストーリーテラーが話をしながら話の流れにあわせ生ライブ演奏が始まる、また、ストーリーに戻る、また、ライブが始まる。そんな繰り返しで、ストーリーの世界を楽しみながらライブがインサートされる実験的なライブに仕上げた。 ライブのアンケートの結果を見ると「また、やってほしい」という意見が数多くみられた。

<LIVE MEMBER>
vocal. AI HONGO
     SAYAKA YAMAMOTO
guitar. TATSURO TAKAOKA
keyboard. WATARU YAMADA
coordinator.
TAKASHI MORIMOTO
mixiser. MITSUHIRO OKAMOTO
storyteller. YOSHIKI IKEDA
MC. YUKI FUJITA

Bossa nova Episode Live

ボサノバエピソードライブ
「イパネマの月」
*一部をご紹介しています



ストーリーテリング


ライブ「イパネマの娘」


ライブ「おいしい水」


ライブ「LOVIN'YOU」


ライブ「亜麻色の髪の乙女」


メンバー紹介


トップへ
worksへ

title

 

オーナー吉田さんの長年の夢は「カフェをやりたかった」こと。そんな願いが松山市北立花の地で叶いました。 いただいたオーダーは「ロゴマーク」、「サインデザイン」、「販促用DM」のクリエイティブ。

 
 

カフェヨシダ

ロゴとサインの制作
PLANNING
相原 泰典
河野 はるな

LOGO DESIGN
相原 泰典

WRITING(FRENCH)
河野 はるな

PHOTOGRAPH
相原 泰典

ILLUSTRATION
相原 泰典

GRAPHIC DESIGN
河野 はるな


ロゴマークは「なんだかほっとする」というキャッチコピーと連動するようアットホームでオシャレなムードのものを制作。 ロードサインは「カフェヨシダ」のヨシダオーナーをモチーフにして制作。「アットホーム」「オシャレ」をコンセプトに比較的小型のものにし、「キュート」な感覚を付加するとともに移動するのに軽量でかつ風雨に対する対策も考慮した。

看板

販促チラシ(オープン前)
WRITING
河野 はるな

ILLUSTRATION
相原 泰典

GRAPHIC DESIGN
相原 泰典

コンセプトにあわせたテイストのチラシを制作。
※なお、オープン後のメニュー掲載アイテムは豊富にあります。ご注意ください。(2012.01.11)



チラシ

トップへ
worksへ

title

 

愛媛FCから与えられたのは「格好いい誌面」をというごくシンプルな要望だった。

 
 

EHIME FC

企画、編集、取材、ライティング、
編集デザイン
COVERAGE, PLANNING,
WRITING, EDITRIA
相原 泰典
河野 はるな

DESIGN
相原 泰典
河野 はるな
石川 智子


愛媛FCサポート会員限定で提供される、公式イヤーブックには、チームやメンバーの紹介、愛媛FC関連情報や前年の試合記録などが網羅されている。 チームの魅力が伝わるような誌面とするため、監督へのインタビューをはじめ、様々な切り口から愛媛FCのプロモーションを行った。

公式イヤーブック



公式イヤーブック



公式イヤーブック

トップへ
worksへ

title

 

愛媛FCから与えられたのは、前年から引き続き「格好いい誌面」をというごくシンプルな要望だった。

 
 

OFFICIAL YEAR BOOK 2008

企画、編集、取材、撮影、
デザイン、ライティング
COVERAGE, PLANNING,
WRITING, EDITRIA,
PHOTOGRAPH
相原 泰典
河野 はるな

DESIGN
相原 泰典
河野 はるな
末廣 晴江

愛媛FCサポート会員限定で提供される、公式イヤーブック。
2007年に引き続き、チームの魅力が伝わるよう、様々な切り口から愛媛FCのプロモーションを行った。
前年同様、監督インタビューを行っただけではなく、キャプテンへのインタビューや地元愛媛出身選手の対談など、多様な企画もそのひとつ。


表紙はシンプルながら、EHIME FCのロゴ部分を紙加工し、おしゃれでグレード感のある体裁とした。

OFFICIAL YEAR BOOK 2008




OFFICIAL YEAR BOOK 2008





OFFICIAL YEAR BOOK 2008





OFFICIAL YEAR BOOK 2008

BACK   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13   NEXT
トップへ
worksへ