title

 

愛媛新聞紙上にて、愛媛県内20市町をめぐる「ふるさと再発見!えひめぐり」と、愛媛に縁のある先進的企業を紹介する「未来へ 受け継がれるDNA」、2つの記事広告シリーズを愛媛新聞社のプロデュース、ディレクションのもと制作した。

 
 

愛媛新聞の記事広告のしごと(創刊135周年記念広告特集)

新聞記事広告
「ふるさと再発見!えひめぐり」
COVERAGE, WRITING 
PHOTOGRAPH, LOGO DESIGN

2011年4月から2012年3月にかけて愛媛県内すべての市町(20カ所)をめぐり、まち一押しの観光スポットやグルメなどを取材撮影し、紀行文調の文体で紹介した。

【掲載】
2011年04月17日:松野町
2011年05月29日:四国中央市
2011年06月29日:新居浜市
2011年06月30日:松前町
2011年07月02日:鬼北町
2011年07月10日:大洲市
2011年07月15日:伊予市
2011年07月29日:西条市
2011年08月11日:東温市
2011年09月28日:久万高原町
2011年10月27日:砥部町
2011年10月30日:宇和島市
2011年11月26日:今治市
2011年11月30日:松山市
2011年12月11日:伊方町
2011年12月17日:内子町
2011年12月20日:愛南町
2012年03月23日:西予市
2012年03月25日:上島町
2012年03月29日:八幡浜市

紀行文執筆  河野はるな
写真撮影  相原泰典
編集  愛媛新聞社

ふるさと再発見!えひめぐり

新聞記事広告
「未来へ  受け継がれるDNA」
COVERAGE, WRITING 
相原 泰典
河野 はるな

PHOTOGRAPH
相原 泰典

愛媛県内を拠点にする企業や、創業者が愛媛出身など、愛媛に縁を持ち、先進的な経営を行っている企業や学校法人、公益法人などのトップを取材し、過去の実績から将来への展望までを紹介した。

【掲載】
2011年06月05日:Y法人
2011年07月12日:D企業
2011年10月08日:T企業
2011年11月27日:T企業
2012年03月19日:K企業
2012年03月20日:N企業
2012年03月25日:Z協会

未来へ

トップへ
worksへ

title

 

松山市沖に浮かぶ興居島。池本氏がこの島でつくる柑橘は、味に定評があり、東京・築地市場でも人気が高い。その築地からの要望で、池本農園専用の小型化粧箱を制作してほしいというのが、最初の依頼であった。

 
 

池本農園のブランディング・パッケージのしごと

ブランディング
BLANDING
相原 泰典

柑橘用パッケージを制作するにあたり、池本農園の柑橘の質が非常に高く、美味しいこと、そして東京・築地市場などからの要望によるパッケージ制作であることを踏まえ、まずはVIとして池本農園のロゴ「IKEMOTO YUTAKA FARM」を制作。その上で、池本農園の柑橘をブランド化し、商品価値を高めるため、ブランド名を「ORANGE ORANGE」とした。かつて、池本氏が料理人としてドイツで腕を振るっていた縁で、「オラーンジェ オラーンジェ」とドイツ語で読ませるものだ。こちらのロゴタイプも、同じエレメントを使用し、統一感のある美しさを表現した。

ロゴ

パッケージ
PLANNING, GRAPHIC DESIGN
(LOGO)
CM食堂 相原泰典
        ×
ILLUSTRATION
百田事務所 百田美賀

みかんのイラストをメインにデザイン性を持たせながら、パッケージを手に取った人、柑橘を贈られた人、そんな沢山の人が笑顔になるようなパッケージを提案。
また、中の柑橘を食べた後は小物入れなどに使いたくなるような女性受けするものを標榜した。

パッケージ

トップへ
worksへ

title

 

松山圏域を中心に和菓子を製造販売する「中野本舗」は、江戸時代より続く老舗である。これまで、銘菓「薄墨羊羹」に焦点を当てて、「伝統」や「歴史」を強調して広告制作されることが多かったが、新TVCMの制作により、中野本舗の広告展開に新たな一石を投じることとなった。

 
 

中野本舗のしごと

薄墨羊羹TVCM
「羊羹羊羹羊羹羊羹」
TVCM PLANNING COPY WRITING,
TVCM DIRECTING, STYLING
相原 泰典
宮内 美加


これまでの中野本舗の「伝統」を全面に押し出したTVCM展開から一歩前進し、老舗らしい上品さを保ちながらも、アート感覚あふれる、静的インパクトを追求したTVCMを制作。
BGMもオリジナルで制作し、キーを感じさせないアートなフレーズで画像との調和を模索し、作曲した。
「薄墨羊羹のCMはこんな感じのヤツよね!!」と、覚えてもらうことに着目し、ひいては「薄墨羊羹」の知名度がさらにアップさせようという戦略である。
2010年夏よりオンエアー。

TVCM

 

薄墨羊羹 紙媒体広告
PLANNING, GRAPHIC DESIGN
相原 泰典

新TVCMと連動した、媒体でのプロモーション。




薄墨羊羹 お歳暮媒体広告
PLANNING, COPY WRITING,
GRAPHIC DESIGN,
CALLIGRAPHY
相原 泰典



2011年のお歳暮用媒体広告。
あえて定石通りの商品イメージは使用せず、小学生の独り言といった体で、薄墨羊羹の美味しさを彷彿とさせるコピーをメインに制作している。味わいのある手書き文字で、親しみを抱いてもらえるような広告を目指した。





広告

薄墨羊羹「こざくら」パッケージ
PLANNING, GRAPFIC DESIGNG
相原 泰典

ミニサイズの薄墨羊羹「こざくら」のパッケージをリニューアル。華やかさの中にも、老舗のたたずまいを失わない意匠を心掛けた。

パッケージ

トップへ
worksへ

title

 

松山城にほど近い料亭「懐石緒方」。茶懐石をベースに旬の素材をアレンジした料理で人気の店で、県外客も多い。遠来の方のためにも店の情報をお知らせし、提供するメニューの最新情報を手軽にアップしていきたいという要望に応えるホームページの制作を行った。

 
 

「懐石 緒方」WEBのしごと

ウェブデザイン
WEB DESIGN
相原 泰典
河野 はるな

CODING
芝原 里美

「鳥獣戯画をモチーフにしたデザインを」という要望に応えるとともに、懐石料亭に相応しい、しっとりとした和風のテイストで仕上げた。 新着情報については懐石緒方様自らが簡単にアップできるようブログを利用したことで、旬の素材情報や本日のメニューなど情報を随時更新できるホームページとした。

WEB

  

WEB

素材撮影
PHOTOGRAPH
相原 泰典

昼懐石と夜懐石、2つのコースを料理の美味しさが伝わるよう撮影。

料理

イラスト
ILLUSTRATION
芝原 里美

鳥獣戯画をベースに、兎・蛙・猿を擬人化したイラストを新たに描き起こした。

イラスト

トップへ
worksへ

title

 

2009年1月、愛媛信用金庫はこれまで所有していた鷹子研修所をリニューアルし、愛媛信用金庫研修所を新設した。これを機に、黎明期から現在にいたるまでの道のりを展示する「資料室」を開設することに。コンテンツの選定から展示方法まで、弊社がトータルでプランニングを行った。

 
 

愛媛信用金庫研修所資料室のしごと

年表
PLANNING
相原 泰典
河野 はるな
宮内 美加

WRITING
河野 はるな

GRAPHIC DESIGN
相原 泰典
河野 はるな

日本と世界の歴史、愛媛信用金庫の沿革、そして国内の経済動向を縦軸に、20世紀初頭から現在に至るまでの、時代と経済の変遷をオリジナルの年表にまとめた。 地域ごとに林立していた各信金が統合し、現在の愛媛信用金庫になるまでの推移を押さえつつ、写真資料を多用するなど、信金のあゆみを分かりやすく表現している。 散在する資料の中から、取り上げるべき素材を探し、年表のサイズから逆算して、テキスト編集を行うなど、様々なアイディアを駆使し制作を行った。

年表

年表

店舗一覧
PLANNING, GRAPHIC DESIGN
相原 泰典
河野 はるな

愛媛県内各所の店舗を市町別に区分し、外観写真とともに掲載。 新店舗の開設や建て替え時には、店舗一覧の改変を行っているので、県内全域に広がりつつある愛媛信用金庫の店舗展開が一目瞭然。 

店舗一覧

店舗一覧

資料ディスプレイ
PLANNING, SPACE DESIGN
相原 泰典
宮内 美加


過去のディスクロージャーや記念誌などを精査し、展示ケースに美しく配置した。 資料室の開設により、建築家・丹下健三氏が設計した今治支店(旧今治信用金庫本店)の貴重な模型や設計図も日の目を見た格好である。 

資料ディスプレイ



資料ディスプレイ

BACK   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13   NEXT
トップへ
worksへ